-かつお-

関東で一番早い(鮮度の良い)カツオ。
外房に入港する、いわゆる大船(土佐船)とはケタが違います。
夕刻から仕込みをして、朝には漁場(今は三宅島付近)。
早い船は夕刻ギリギリに勝山港、そして入札。
翌日にはもう当社の店頭に。
今日(3/28)も漁師さんは金目に行こうかカツオに行こうか迷っています?!

-たちうお-

千葉県竹岡沖で「タチ魚漁」が始まりました。

姿かたちが涼しげなわりには脂肪をたっぷりと含む高エネルギーの魚です。
元来、夏場が旬の魚は脂肪分が少ないものが多いが、うなぎ・はも・たちうお等は、どれも脂肪分が多い。
これらの共通点は、いずれも「とっても細長い」体形をしているということです。
いわゆる、夏の長物と呼ばれる旬の魚です。
刺身・塩焼・ムニエル・揚げ物・蒸し物・煮物・何でもOKです。
とにかくうまいうまい!!

中タチ魚 k1,500~2,000円
大タチ魚 k2,500~3,500円

<余談>
名前の由来、1.サーベルフィッシュと言われるくらいだから、その形「太刀」からきて太刀魚。
2.本当に立って泳ぐので太刀魚?
さて、どちらでしょう?

追伸:たちうおは、脂肪がたんぱく質よりも多い珍しい魚。
同じ仲間では鮪トロやサンマくらいのものです。
お魚のメタボ・メタボです!